Porsche Club

Porsche Club Kyushu

ポルシェクラブは、ここ九州からスタートしました。

ポルシェクラブは単一のドライバーズクラブとしては、世界最大のものです。世界中に12万人を超すメンバーがおり、ツーリング、走行会や懇親会などの企画運営を中心に活動しています。
ポルシェのオーナーなら、どなたでも参加できます。

国内では、ポルシェクラブとポルシェ356クラブ・オブ・ジャパンがポルシェ AGに公認されています。
また、ポルシェ AGのクラブコーディネーション部門では、世界中の公認ポルシェクラブをサポートしています。



34年目の春

今年は2年に一度開催される日本におけるポルシェオーナーの最大の祭典、ポルシェパレードジャパンの年です。
5月20日から22日まで鈴鹿サーキットで開催される今大会はポルシェクラブジャパン30周年記念のパレードとして ドイツのポルシェ博物館からも貴重なポルシェクラッシックカーが送られて展示され、またポルシェAGのVIPも参加されます。

思えばあっという間の30年でしたが、わが九州のクラブはその4年前に、“ポルシェオーナーのみによるオープンなクラブ”として『ポルシェオーナーズクラブ九州』の名で発足しました。
その後現在のポルシェジャパン株式会社の創業者であり現会長の黒坂登志明さんがドイツから当時のインポーターであったミツワ自動車に入られ、私どもの活動を目にされて「このようなオープンなクラブ作りを全国に展開したい」という協力要請を受け、当時福岡のディーラーと関係が深かったことで 我々の資料を基に発足した岡山のクラブの板野聡会長(現ジャパン会長)や北海道で活動されていた田畑さん(ジャパン元副会長)らにお声がけをして全国組織作りに取りかかりました。
そして今では日本で唯一のポルシェAG公認クラブ(ポルシェクラブワールドワイドの日本支部)として27の支部を持つ大クラブに成長しました。

会則の目的の第一項に「ポルシェ哲学およびポルシェ文化の普及」と記してあります。
初代フェルデナントポルシェ博士以来今日まで頑固なまでに堅持されてきた車づくりに対するポルシェの哲学(基本を揺るがず、かつ常に新しいものを創造し続けていく・・・)は私共の人生、生き方にも大きな示唆を与えてくれますし、「ポルシェを愛する」という唯一の共通条件の下で様々な異業種交流ができ、そこにまた車だけにとどまらない新たな文化が芽生えるわけです。

今年もまた会員相互、ポルシェを通じて年齢、性別、社会的地位等すべて超越して、楽しい、意義ある一年間を過ごしたいと願っております。

      

ポルシェクラブジャパン ファウンダー
                       ポルシェクラブ九州 会長
                       小田 展生